下記資料はPDFファイルとなっています。


■平成28年度事業概要


T公社の概要・沿革及び組織

U平成27年度の事業実施概要

V平成28年度の事業計画と予算

W供用中の道路等の概要

 参 考


■平成28年度資金計画

平成27年度財務諸表
 

 
 平成26事業年度は、兵庫県が推進している高速道六基幹軸の一翼を担う播但連絡道路、遠阪トンネルのほか、地域を支える西宮北道路の3路線の運営・管理において、第3次行革プラン・実施計画に基づく取り組みを推進し、利用者の安全・安心かつ快適な道路環境の確保はもとより、有料道路事業の利用促進と経費縮減の徹底に努めることを基本に事業を行う。

 利用促進として、播但連絡道路の橋梁耐震補強工事や遠阪トンネルの天井板撤去工事の継続実施や新たに西宮北道路の換気設備の更新を2ヶ年事業で実施する。
そのほか、橋梁補修、トンネル点検・補修及び冬用タイヤ指導による冬期交通の確保など、利用者にとって安全・安心かつ快適な道路環境の確保に取り組むとともに、播但連絡道路において料金割引拡大社会実験の継続実施や周辺市町等と構成する播但連絡道路利用促協議会によるイベントの開催等をはじめ、市川サービスエリアの情報コーナー等を活用したPR活動の実施により利用促進を推進する。

 また、平成26年4月から、消費税率8%の実施に伴い3路線の料金改定を行うこととしたほか、利用者にとって安全・安心で快適な道路環境を確保しながら、厳しさを増す将来的な収支を踏まえ、これまでのコスト縮減の取組みの継続や新たに路線案内図への企業広告掲載により広告収入を図るなど、引き続き経営改善に取り組む。

 平成26事業年度当初予算は、収入9,488百万円、支出10,818百万円で、事業の推進を図ることとする。

重点項目

1.有料道路事業の利用促進

 @ 利用者の安全・安心の確保
橋梁耐震補強工事や遠阪トンネル天井板撤去工事、橋梁補修、トンネル点検・補修、遠方監視・ITV設備等の更新及び冬用タイヤ指導による冬期交通の確保等、利用者にとって安全で安心かつ快適な道路環境を確保。

 A 播但連絡道路の料金割引(社会実験)
   平成26年度に開催される「夢但馬2014」への訪問者の利便性の確保等を目的に平成27年3月31日まで継続。
 
 B 播但連絡道路の利用促進策
  周辺市町等と構成する播但利用促進協議会によるイベント「ばんたんフェスタ」の開催やスタンプラリーの実施をはじめ、周辺自治体等が展開する観光施策等との一層の連携強化により利用を促進。

 C 西宮北道路の早期無料化
    平成29年度末の無料化に向けて、トンネル換気・防災・中波再放送設備等の更新やトンネル舗装板補修工事等の実施。

2.経費縮減等の継続

  利用者の利便性と安全・快適な道路環境を確保しながら、路面等の清掃の効率化・重点化や料金収受等の委託業務の見直し等によるこれまでのコスト縮減の取り組みを引き続き実施。