播但連絡道路

文字サイズ

播但連絡道路

鉱石の道コース

和田山IC

10km 7分

養父IC

23km 40分

1明延鉱山

【一円電車】
鉱山従業員の通勤電車、一円という破格の運賃で「一円電車」として親しまれました。

【明盛共同浴場】
鉱山生活者の共同浴場、当時は芋の子を洗うような混雑ぶりでした。

【あけのべ自然学校】
自然環境と旧鉱山町の特色を活かした体験型施設。
あけのべ自然学校
TEL:079-668-0258

25km 40分

2神子畑鉱山

【ムーセ旧居】
生野鉱山開発に貢献したフランス人技師ムーセの住宅、明治20年に神子畑に移築、事務舎として利用されました。

【神子畑鋳鉄橋】
神子畑鉱山から生野へ続く「鉱石の道」に架けられた5本の鋳鉄橋のひとつ。国指定重要文化財。

【羽渕鋳鉄橋】
「鉱石の道」に架けられた2連橋、「羽渕のめがね橋」と呼ばれる美しい様式橋。
あさご観光協会
TEL:079-677-1165

17km 30分

3史跡生野銀山

【旧生野鉱山官舎】
鉱山に勤務する官吏の宿舎が4棟現存、明治・大正・昭和の各年代を想定し復元され、それぞれの時代を映し出しています。

【生野まちづくり工房井筒屋】
吉川家が代々営んできた郷宿、銀山町特有の生活文化を伝える。

【寺町界隈】
宗派の違う8カ寺が連なる、石垣やカラミ石を使った壁などが美しい。
生野町観光協会
TEL:079-679-2222

5km 10分

生野北第1ランプ
(北行き)

11km 15分

神崎北ランプ
(南行き)

観光モデルコース

ページのトップへ